Maika Loubté × SMB-02

各方面から注目を集めている、シンガーソングライター / トラックメイカーの Maika Loubté (マイカ・ルブテ)さんより、SMB-02についてコメントを頂きました!
益々のご活躍期待しております。

 

 

PHONON SMB-02がうちにきて以降、
自分の楽曲の録音からミックスまで、気づけば四六時中使っています。
曇って見えるメガネより、もっとよく見えるメガネがあれば、それを使うのと同じように
今や自分にとっての基本の必需品となりました。
野外とか、制限のない大きな空間で音を聴いてるようにスペースに余裕がある
それゆえ歌の細部がよく聞こえるのも美点だと思います。
過去に使っていた他社製品と聴き比べた時に、
それまで自分がいた「部屋の狭さ」みたいなものを感じて、驚きました。。。

 

Maika Loubté  (シンガーソングライター / トラックメイカー)

DJ Mag × 02 Stick

世界中のエレクトロニックミュージックファンに愛され続けているUK発のマルチメディアブランドDJ Mag02 Stick が紹介されました!

レビューはこちら

InterBEE 2017

明日より開催の国際放送機器展 Inter BEE 2017 のAVIDブース内「イマーシブオーディオ・VRオーディオ ソリューション」 コーナーにて、SMB-02を展示。

  • 11月15日(水)~17日(金)10:00~17:30 (最終日のみ17:00で終了)
  • 幕張メッセ
  • Avid ブース:ホール6 #6402
  • 株式会社フォーミュラ・オーディオ取扱い AUDIO EASE社製品展示コーナー

 

MUTEK Japan

11月3、4、5日 日本科学未来館で開催される電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK」にPHONONも参加します。
未来を体感しにぜひ日本科学未来館へ起こし下さい!

聴いたことのない音楽、
見たことのない映像

カナダ・モントリオール発、現在世界6ヶ国で開催されている電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK」。日本で2回目の開催となる今年は、世界10ヶ国から総勢30組のアーティストを招聘。
インスタレーションにエキシビジョン、そしてライヴパフォーマンス。さらにはワークショップやトークショー。クリエイターはもちろん必見。社会人に学生、子どもだって楽しめる。
MUTEKは、2020年オリンピックイヤーに向け、日本と世界をデジタルアートでつなげていきます。
*15歳以下は入場無料。

PHONON at Rush Hour Store

Amsterdam Dance Eventに合わせてAmsterdamの名門レコードレーベルが運営するショップ”Rush Hour Store”が新しく始めたDJ機材コーナー内に、PHONON製品がラインナップされ販売開始しました!

 

PHONON 4000 on Monocle The Escapist 2017!

UK発世界の最先端を届ける情報誌「モノクル」(Monocle)のトラべル年刊誌第6弾「The Escapist 2017」 のInventory Essentialsセクションのオススメ商品としてPHONON 4000がセレクトされました。

松隈ケンタ × PHONON

初期PHONON製品よりご愛用頂いている作曲家・プロデューサーの松隈ケンタさんよりコメントを頂きました。

いつもサポートありがとうございます!

松隈ケンタさん率いる音楽クリエイターチームSCRAMBLESに直接学べる音楽スクールスクランブルズ ミュージックカレッジでもPHONON製品をお取扱い頂いております。

KENTA MATSUKUMA

SCRAMBLES/作曲家、プロデューサー

僕は作曲家、サウンドプロデューサーとして常にサウンドと向き合っていますが、Phononさんの製品にはSMB-01が出たての頃からお世話になっています。初めてSMB-01を使用した時に、そのサウンド、特にローエンドの再生力が素晴らしく、自分のつくる音楽と驚くほどマッチして感激したのを今でも覚えています。

惜しくもSMB-01が廃盤になってしまい、SMB-02に移行していますが、今でも変わらず僕の音楽制作に欠かせない存在です。