The Get DownNetflix制作スタジオにてSMB-02とMUSICLIFEが大活躍!

PHONONSMB-02スタジオ・ヘッドフォンは感動的。

Dave Robertson and Jordan Ross are engineers and music editors on Netflix’s The Get Down

1970年代のサウスブロンクスに住む10代の若者グループを中心にヒップホップ黎明期を描いたNetflixの人気シリーズ「The Get Down」は 当時の音楽ソース、ターンテーブリズム、オリジナル・スコアーと現在の音楽を統合するクリエイティビティー豊かでノンストップなミュージカル番組です。

Dave RobertsonとJordan Rossは、そのサウンド・エンジニア、音楽エディターを担っています。 2人は映画などの制作現場以外では、ブルックリンを拠点とするオーディオ・エンジニアとして地元や国際的なアーティストやバンドと共に活動しており、DaveはDJとして、JordanはドラマーとしてもNYCの音楽シーンで活躍しています。

 

Dave Robertson (Brooklyn, NYC)

Cameo Culture Music
http://soundcloud.com/cameoculture
https://www.facebook.com/CameoCultureMusic/?pnref=lhc
Dangly Studios
https://www.facebook.com/danglystudios/?pnref=lhc

 

Jordan Ross (Brooklyn, NYC)

www.JordanLRoss.com
about SMB-02

my absolute favorite thing about the SMB-02’s is the sound!

Dave Robertson about the SMB-02:

PHONONのSMB-02スタジオ・ヘッドフォンは感動的です。スタジオでのミックスのモニターリングのリファレンスに、そしてThe Get Downの音楽編集の仕事の際に使用しています。 私は今、ほとんどすべての仕事で一緒に旅しています。 頑丈なデザインとは別に、私がSMB-02で一番好きなのは音です!  とても繊細にうまく作られた製品で、周波数スペクトラムの全域に渡ってとても明瞭であり、本当にオーディオのプロとしての私に全体のパッケージを提供してくれてます!

What a difference!

Jordan Ross about the SMB-02:

先日、私は数千人の映画/ポスト・オーディオ・エンジニアが何年も頼ってやまないSonyの定番 MDR-7506sとSMB-02を比較しました。なんと言う違いでしょう! 非常に豊かで細かく分離されていて、そして突としてローエンドが聴こえます!  昼と夜のようなとても大きな違いです! 

about MUSICLIFE

Dave Robertson about MUSICLIFE:

PHONONMUSICLIFENS10やメインのリファレンス・モニターからシフトしたい時のスタジオでの最適なリファレンス・ツールです。ブームボックスと同じような形状をしていますが、音の忠実度は驚くほど良いです。そして追加されているbluetooth機能はとても便利です、もうケーブルは必要ありません!