Maestro-T

作曲家、プロデューサー

自宅スタジオで、いくつかPHONON製品を試してみました。 僕が感じた顕著な効果としては、音の密度・リアリティー・スピード・レンジ感の向上です。 周波数特性も不自然な色付け感が無いのが良かったです。仕事で使うお気に入りの商業スタジオがあるのですが、そこの音にかなり近い音が自宅スタジオで出せたのは驚きでした。 今まで聴こえなかったデティールが聴こえる様になって、音作りにも良い影響が有りそうです。

山口 宜大

GROUNDRIDDIM Sound Engineer

PHONON studioや自宅で何度も使わせてもらいました、ミックス中のバランス、コントラストの微調整に使いました。NTCは定位の広いパートにかけると、ピントが合ったように抜けてきます。リバーブ等の深さや切れ際、雰囲気がすごく伝わります。ドラムのオーバーヘッド、ホーンセクション等のステレオソースは生々しく存在感が増しました。 SNDはベースからシンバルの帯域まで生き生きと前に出てくる感じです。 特に低音域に対してコンプレッサーやイコライザーで処理するよりも、輪郭がナチュラルに出ます。ヴォーカルやベースに活躍しました。WAVESの PLUG-IN『Q-Clone』でキャプチャーしてみましたが周波数グラフも音も変化しませんでした。 電源もなく、ただ通すだけで質は変わらないのに立体感を出せる、両回路ともナチュラルで確実に効く魔法の箱です。

Tomomi Ukumori

シンガー

ミラクルマジックアイテムの数々を体験させて頂きました。レコーディングでPHONON studioに入るとなにやら怪しい機械?何かのパーツが配置してあり目が釘付けになりました。 いざ音を聴かせていただくとびっくり!歴然とした音の違いが私にもわかりました。レコーディングもそれらのアイテムを駆使してスタート。なんとなくいつもの慣れている感じとは違うのですが、歌いやすいし自分のいいところが際立って聞き取れ、とてもよく録れたのです! 持参していたヘッドフォンもミラクルマジック仕様にしていただいたし、いろいろなパーツに怪しいリキッドをぬりぬりしていただいたき普通の音では満足できなくなってしまいました。

森木 稔

REC STUDIO NU-FUNK-FACTORY

独創性・独自性に秀でたPHONON。近い将来どこのスタジオ行っても、見かける事になるんじゃないでしょうか。 PAC(PHONON ACOUSTIC CONDITIONER)意味は?使えば解る、この凄さ! MICの下に置くだけで、なんでこんなに明瞭に録れるのか、摩訶不思議!! 一度体感したら、これ無しでのレコーディングは考えられません。NTC RACK 驚愕!!そして口にする言葉はNan Te Kotter まさしくN.T.C。 位相改善や、スピード感の増幅などが、簡単にスイッチ1つで手に入るとは恐るべし。電源も必要としないところも良いですね。