-1
archive,category,category-comments-reviews,category-258,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3.2,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.10,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

bonedo × SMB-03

ドイツのトップ音楽/楽器関連サイトbonedoにて、Mijk Van Dijk氏による「SMB-03」の詳細なテストレビュー(4.5/5)が掲載されました。

「PHONON SMB-03は、音楽の演奏と作業にも同様に適しています」
「DJとスタジオヘッドホンの融合」 と、四つ星半の高評価を頂きました。

詳細レビューはこちらより。(ドイツ語のみ)

J.A.K.A.M. (JUZU a.k.a. MOOCHY / NXS /CROSSPOINT)

プロデューサー・DJ

『初期のSMB-02からDJでは今もずっと使わせていただいていますが、ツアー中にも録音や編集があるので制作時のモニターとしても正確さ、なのにクラブの音がわかっている、という逸品だと思っています。
そして先日購入させてもらったSMB-01Lというのは、モニターとしてのイメージがラージ、もしくは巨大なサウンドシステムを彷彿とさせてくれるのに興奮しました。そしてその奥行のある、空間を感じられるサウンドは側面の壁が完全に閉ざされてないことで生まれるのだと思います。このヘッドホンを得たことで、まさにヴィジョンが広がったのです。感謝!』

Stephen Shirk (SHIRK Studios in Chicago)

サウンドエンジニア/ 音楽プロデューサー

シカゴのSHIRKスタジオを運営しているサウンドエンジニア&音楽プロデューサーのスティーブン・シャーク氏が、SMB-01Lについて語ってくれました:

“01Lは完成したミックスを聴き直すのに最適な方法だと思います…。  コントロールルームのメインコンソールでミックスを再生するようなものです。  より楽しい体験ができます。スムーズで伸びやかな音が両サイドにあります。私は02をコンソールの横にあるLittle Labs Monitorに接続しておき、01Lはスタジオの外でミックスをチェックするために自宅に置いています。”

Frank Wiedemann (Ame, Howling, Innervisions, Bigamo)

ミュージシャン / 作曲家 / 音楽プロデューサー

The multi-talented musician, composer and electronic music producer Frank Wiedemann (Ame, Howling, Innervisions, Bigamo, Berlin) in his studio with the SMB-01L:

“I am loving my SMB-01L as master headphones in the studio“

多才なミュージシャン、作曲家、電子音楽プロデューサーのフランク・ヴィーデマン(Ame, Howling, Innervisions, Bigamo, ベルリン)がスタジオでSMB-01Lを使用:

“スタジオのマスターヘッドホンとしてSMB-01Lを愛用しています”[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

DJ Mag × PHONON

UKのダンスミュージックマガジン『DJ Mag』誌の最新2021年7月号Techセクションで、Mick Wilson氏による「SMB-01L」と「SMB-03」のレビューが掲載されました。

「PHONONは完璧さを追求し、すべての製品を微調整して、プロユースに適した製品を提供しています。この2つのヘッドホンは、非常によくできた2つの製品の例です。」

Damien Plisson (CEO – Audirvana)

ダミアン プリソン  (CEO – Audirvana)

私がオーディオ機器を選ぶときの要求は、言葉では言い表せないほど厳しいものがあります。
細かいところまですべてが重要で、そのすべてが完璧でなければ気がすまないのです。
私がAudirvanaと共に使用しているいくつかの機器は、すべて同じ特徴を持っています。それは絶対的な透明性です。音質の劣化が最小限となることを保証してくれることが唯一の基準になります。
私はオーディオシステムに関して非常に高い基準を持っています。だからこそ、熊野功雄氏が自らオーディオプロフェッショナルを念頭に置いて新しいフラッグシップモデルSMB-01Lの製作に携われてと聞いた瞬間は、とても興奮しました。
熊野氏の評判は、オーディオ業界に知らない人がいないと言って良いほど有名なエンジニアです。 もし私と同じようにオーディオ品質に厳しい男がいるとすれば、それは間違いなく彼であります。

私は過去にPHONONのヘッドホンとAudirvanaの組み合わせでテストをしたことがあり、それは忘れがたい体験でした。
今回初めてのSMB-01Lの試聴にはとても驚嘆し、そこに込められた技術力がAudirvana と完璧に調和する小さな宝石のようなものだと確信しました。
それは期待を一切裏切りませんでした。 SMB-01Lが実現する圧倒的な音響性能を聞いて、実に驚きました。
「これは本物のハイエンドオーディオシステムだ」と、はっとし驚きました。
すべてがとてもクリアに聞こえます。音楽を構成するすべての要素には、完璧な透明感がありました。
最も印象的だったのは、音楽の演奏がいかんに臨場感を感じさせてくれたことだと思います。それはあたかも自分がその場にいったような感じがありました。 まるで自分がスタジオに行った感覚でした。
私の耳の周りの空間そのものが音楽だけになったような感じとも思いました。 何一つ偽りや無理やり感、粉飾するようものなどが一切なく、完璧かつナチュラルな良きバランスと楽器の音を忠実に再現してくれました。
それは驚異的な能力だと思います。そして、いろいろな音源も使って聴いてみましたが、だだ敬服の念に堪えません。
SMB-01Lは、高解像度の広いダイナミックレンジの再生から超低域まで、驚異的な音響バランスを保っています。
また、ソフトで快適な耐久性のあるプレミアムシープスキンのイヤーパッドも特筆すべき点です。
遮音性に優れています。耳にぴったりとフィットし、革の質感もシステムのオーディオ品質と同様に際立っています。革の質感がシステムのオーディオ品質と同様に驚くべきものでした。
私はPHONONが開発したすべてのヘッドフォンを知っている訳ではありませんが、これは熊野功雄氏の大きな功績のひとつに違いないと確信しています。

 

Reinhard Vanbergen (Rheinzand, music for dreams)

ミュージシャン / 作曲家 / 音楽プロデューサー

“Been using this phonon headphone for the last 2 album mixes and they are like a pair of ns10 speakers but better. Very clear, accurate in the low end precise. Comments from the mastering engineer on last album: had almost no adjustments to do…”

“このPHONONヘッドフォンを最近の2つのアルバムミックスに使用しました。ns10スピーカーのペアのようでいて、それより優れています。 非常にクリアで、ローエンドの精度が高いです。 そして前のアルバムのマスタリング・エンジニアからは「行なうべき調整がほとんどなかったよ」と言われました。”

music for dreamsレーベルからリリースされているReinhardの最新の2枚の美しいソロアルバム「Presents For Friends」と「Soundtracks」をぜひチェックして聴いてみてください。

 

2021年3月に追加のコメントが届きました。

“I couldn’t help myself and bought all 3 PHONON headphones. I run the whole studio on them now. They are all very different and complement each other, while maintaining the same quality and volume. I gave them nicknames: the Workhorse (SMB-03), the Surgeon (SMB-02), and the King (SMB-01L). The last one is like a full surround cinema on your head and sounds so very impressive that it is addictive. Been mixing on all of them and it just turns out very well so far. So easy to check low end, stereo field, and harshness and also just so nice to listen to music in general”.

自分ではどうしようもすることができず、PHONONのヘッドホンを3つとも買いました。今ではスタジオ全体をそれらで回しています。3つのヘッドフォンはどれも個性的で、同じ品質と音量を保ちながらお互いを引き立て合っています。私は彼らに、WorkhorseSMB-03)、SurgeonSMB-02)、KingSMB-01L)というニックネームをつけました。SMB-01Lは、頭の上にフルサラウンドの映画館があるような感覚で、とても印象的なサウンドで、病みつきになりそうです。今のところ、すべての機種でミキシングをしていますが、非常にうまくいっています。ローエンド、ステレオフィールド、ハーシュネスを簡単にチェックできますし、音楽を聴くのにも適しています。”

Fred Everything (Lazy Days, Montreal)

(music producer / DJ)

I’m in love with my Phonon SMB-02, they give me a clarity and detail that I couldn’t find in other headphones and I even trust them above my speakers these days. I use them for my own mixes and also for clients.

Phonon SMB-02が大好きです。他のヘッドフォンにはない明瞭さとディテールが得られ、最近ではスピーカーよりも信頼しています。 自分やクライアントのミックスにも使用しています。

DJ PMX

<HIPHOPプロデューサー、DJ、洗足学園音楽大学客員教授>
PHONONのヘッドホンは4000から使い始めてすでに数年、Japanese HIPHOPのアーティストの作品のMIXやビートメイクでのモニターとして活躍しています。そして今回のSMB-01L、ラージモニターを再現ということで春から楽しみにしておりました。音の輪郭が明瞭で素晴らしいです、ボーカルの中央の位置やそれぞれの楽器の左右の広がり、MIX時のKICKと808ベースの帯域の被りも聞き取りやすく、試聴した曲も「この曲ってこんな音が入ってたっけ?」と驚くばかり。これからのビートメイクやMIXに大いに活躍することになるヘッドホンです”

Charlotte Caluwaerts (Rheinzand, music for dreams, Tundra)

シンガー / 作曲家 

“Since a half year or so, I got hooked on my pair of Phonon headphones. I use them to record vocals in the studio and  when playing live as well. 

With our band Rheinzand, it gets really loud on stage and it can get tricky to find the right pitch vocally. 

These headphones saved my life during our performances. They are cristal clear and they play loud. Just the way I like it .

I love that you can use them for a controlled environment like studio, recordings or recordings for livestreams etc and that they are fit for the wild, loud gigs as well. 

And on top of that: these are the only headphones that look good! “

”半年くらい前から、PHONONのヘッドホンに夢中になりました。 スタジオでのボーカル録音やライブでの演奏にも使っています。

私たちのバンドRheinzandのライヴでは大音量のステージになるため、適切なピッチを見つけるのが難しいのですが、このヘッドホンが、パフォーマンス中の私を救ってくれました。 クリスタル・クリアで、大音量で演奏しています。  とにかく気に入っています。

スタジオやライブストリームのレコーディングなどの制御された環境で使用出来て、しかもワイルドな大音量のギグにも適しているのが大好きです。

その上、見栄えがする唯一のヘッドホンです!”

Loading new posts...
No more posts