25393
post-template-default,single,single-post,postid-25393,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3.2,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.10,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

宮坂 保彦

ZeeQ Sound Enginner

Great Wave PowerをMIC PREの電源へ、Great Wave RCA-RCAをS/PDIF用途として、オーディオインターフェイスとDAコンバーターとのデジタル接続に使用しています。 まず、ケーブルを変えた事による色づけがないのが個人的には好印象です。VO REC時に使用したところ、機械的に懐が広くなるといいますか、無理がなく余裕がありダイナミックレンジの広い音源もとても音楽的に収めてくれます。 DA段のケーブルを変更したことで、ミックスをする際には上下左右奥行きが広がり、天井が高くなるといいますか、窮屈な感じがなく、とてもミックスがしやすくなりました。とにかくナチュラルで音楽的です。 Great Waveケーブルは音空間に余裕があり、奥行きがわかり、音楽的に鳴らしてくれます。 一度使ったら、やめられなくなりました。