25358
post-template-default,single,single-post,postid-25358,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.9,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

YANCY

ミュージシャン・プロデユーサー

いつもの自宅環境にて、プラグ類の端子に塗ってみたところ、サウンドが一気にクリアーになり、余分に出過ぎて歪んでいた低音やマスキングされていた高音がすっきりと聴こえてくるのには驚きました。同じ機器を使いながらこれほどまでに単純な作業で、サウンドが1ランクも2ランクも上等なものになるのには驚くばかりで、なぜ早くこういった製品がなかったのかと思う程です。 サウンドの傾向は高級オーディオやスタジオのプロ機器の音を聴いたことがある方なら、上質なサウンドという表現を用いると意味がよくおわかりになると思います。オーディオやエレクトリック楽器、あるいは端子を介して音をやりとりするミキサーやパッチベイなど、あらゆるものに有効で、しかもサウンドが明らかに改善されていることが実感できます。 逆に言えば端子の接点のロスにより、これまで本来のサウンドとは違ったサウンドを聴いていたことがよくわかります。電源や高価なケーブルなどにこだわっていたのに接点にはまるで注意を払っていなかったことに必ずや気づかされます。 唯一の欠点は一度何かに塗ってしまうとあらゆる端子に塗りたくなってしまい、進行中の作業が止まってしまうところでしょうか。