25341
post-template-default,single,single-post,postid-25341,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.9,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

須田 淳也

音響ハウス 技術開発室

常日頃からヴィンテージ機器に数多く関わっており、それらの修理や、メンテナンス、モディファイ等で、だいぶ以前よりPHONON Liquid に近いタイプの物を使用していましたが、機会あってPHONON Liquidに変更することになりました。 以前使用していた製品も接点保持能力はそれなりに高く満足していましたが、音質に癖があり使用場所に留意する必要がありました。対してPHONON Liquidは、音質にネガティブな印象を与えずどの場所にも気兼ねなく、使用出来ることが最大のポイントで す。非常に微弱な電流を扱うH.A.やコンデンサーマイク等の回路内部やスイッチ接点にクリーニング後、使用しますと素晴らしい効果を発揮します。 真空管の足やPHONO AMP.周りにも良いでしょう。高域の抜けが改善、ザラつきが解消し密度がぐっと増します。また、当然接触不良は解消しますから、聡明期のデジタルエフェクターの基板や保持力の弱い様々なコネクター類にも効果を発揮します。繰り返しになりますが、微弱電流ポイントに大きな効果を発揮する点がこの製品の大きなアドバンテージと感じています。