823
post-template-default,single,single-post,postid-823,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3.2,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.10,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

Sawako Hyodo LOVES SMB-02

海外の超名門作曲コンテストでも大活躍のピアニスト兵頭佐和子さん。 ひょんなきっかけで出会ったPHONONのヘッドホンSMB-02は今まで使ったヘッドホンとは何か違ったそうです。

兵頭佐和子(ピアニスト)

小さい頃から生のピアノの響きに慣れ親しんできた私にとって、ピアニストとして現場で仕事を始めてから、スピーカーやヘッドフォンか ら聞こえてくる自分の弾くピアノの音やレコーディング音源と、実際に楽器が鳴って空気を伝わって聞こえる音とのギャップに違和感を感じることが多いのです が、PHONONのヘッドフォンから聞こえる音は、一言で言って「ずっと聞いていたい音」でした。楽器のボディーが鳴る音や演奏 者の息づかい、その場にある空気感が伝わってきて、いつも聞いているCDがとても新鮮に聞こえ、目を閉じると、目の前で生演奏を聴いているような感覚で音 楽を聴くことができました。いい音環境があると音楽のイメージが広がります。
作曲やアレンジの仕事では長時間にわたってヘッドフォンの音を聞くことになるので、PHONONのヘッドフォンは耳に負担が少なく、とてもありがたい存在です!