25369
post-template-default,single,single-post,postid-25369,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.2.8,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.7,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive

Nebu Soku

Amenti Music/SOLID TOKYO

まず始めに、オーディオ・インターフェースに接するケーブル(USB、オーディオケーブルL/R)の先端3箇所に塗布したところ、以前より高音の立ち上がりが早くなったことを実感しました。また低音もよりタイトに聴こえ、音像が全体的にスッキリとしたように思えました。 その後、アンプやスピーカーに使用しているオーディオ・ケーブル、電源ケーブルの接点などにも使用し、これまでより格段にはっきりと音の定位を意識できるようになりました。システム自体は以前と何も変えていないというのが信じられないほど、音像がよく「見える」様になり、驚いています。 音を聴き、作ることの楽しみがまた一段と増しました。これは是非、友人にも勧めたい。