25360
post-template-default,single,single-post,postid-25360,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.2.8,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.7,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive

三森 正寿

Avex Group Holdings アセット・アーカイヴ課

パワードモニターを繋ぐラインケーブル端子に使用してみました。塗布後すぐに試聴すると、とても派手に聞こえてきますが、しばらくすると落ち着いてきます。使用前の音と比べると、まずS/N感が向上しスピード感が増したことに驚きます。 倍音が聞こえやすくなり、リバーブの減衰が良く見えるようになってきました。 音像も以前より出てきて定位がとても良く、とても同じケーブルとは思えないほどで、2ランク上の物を使った感じでしょうか。周波数的にも癖はないのですが、好印象なのは低域が量感と重さもありつつタイトになり、キックやベースの音像、音質がとても良くなりました。 全体的な印象としては、ケーブルの特色は替えずに情報量の密度レベルがあがったように思います。