原口 安裕

長崎放送 放送技術 / ミュージック・バランサー

SMB-01/02共に使用させていただいています。

私の仕事は、地元の放送局で送出を担当しており、安定的な放送システムの運行を中心に音質向上のため研鑽を重ねております。

また、私的に音楽制作を行っており、様々なジャンルの音楽収録に携わっています。

私にとってリファレンスヘッドホンはマストアイテムでした。

これまで様々に購入し、増えていくばかりのヘッドホン流浪の民でしたが、ようやく、この20年を覆す製品に出会いました。

素直な特性で帯域バランスが秀逸。また、長時間の作業でも疲れにくい。

このようなヘッドホンはスピード感が無いものがほとんどですが、スピード感も申し分ない。

これらの相反する条件を兼ね備えているので、私のリファレンスとなりました。

自宅DAWシステムで使用している”CrangSong AvocetII”との相性も良く、モニタースピーカー”musikelectronic geithain RL901K”と比較しても遜色ありません。

定番製品に疑問を持たれる方は、是非お試しいただければ…と思います。