25381
post-template-default,single,single-post,postid-25381,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.2.8,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.7,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive

山口 宜大

GROUNDRIDDIM Sound Engineer

PHONON studioや自宅で何度も使わせてもらいました、ミックス中のバランス、コントラストの微調整に使いました。NTCは定位の広いパートにかけると、ピントが合ったように抜けてきます。リバーブ等の深さや切れ際、雰囲気がすごく伝わります。ドラムのオーバーヘッド、ホーンセクション等のステレオソースは生々しく存在感が増しました。 SNDはベースからシンバルの帯域まで生き生きと前に出てくる感じです。 特に低音域に対してコンプレッサーやイコライザーで処理するよりも、輪郭がナチュラルに出ます。ヴォーカルやベースに活躍しました。WAVESの PLUG-IN『Q-Clone』でキャプチャーしてみましたが周波数グラフも音も変化しませんでした。 電源もなく、ただ通すだけで質は変わらないのに立体感を出せる、両回路ともナチュラルで確実に効く魔法の箱です。