778
post-template-default,single,single-post,postid-778,single-format-standard,theme-ec,qode-social-login-1.1.3,stockholm-core-2.3.2,woocommerce-no-js,select-child-theme-ver-,select-theme-ver-8.10,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,,qode_menu_,qode-single-product-thumbs-below,mob-menu-slideout,wpb-js-composer js-comp-ver-6.7.0,vc_responsive

「レンジが拡大するPHDとSMB-02」 遠藤淳也氏が導入!

名だたるアーティストから多くの信頼を集めるミュージシャン肌のRecording Engineer 遠藤淳也氏がSTUDIO QUESTにPHDSMB-02を導入した訳とは。

(株)Plick Pluck INC.
遠藤 淳也 (取締役/Recording Engineer)

PHONON代表の熊野さんのスタジオでマスタリングをお願いした際、
ご好意でPHDのプロトタイプとSMB-02をお借り出来たので
早速自社のスタジオにて
いくつか進行中だったプロジェクトで試してみたのですが、
一度体感するともう2度と前の状態には戻れなくなり
結局そのまま導入ということになりました。

共にレンジが拡大するのが特徴ですが、

PHDは今主流とも言えるアクティブのニアフィールドモニターに
取り付ければ、ラージモニターのようなビッグなサウンドを
得られます。我々のスタジオではYAMAHA 10Mに取り付け、
今となっては足りなく感じるハイエンド、ローエンドを
少しばかり補うという使い方をしています。
MIX時にはMUSIK RL904も同時に使用するので
両者の差を少しだけ埋めてあげる方向です。
またPHDはワンタッチで取り外しが出来るのも良い点で、
往年の10Mサウンドにすぐ戻せるので
ベテランのエンジニアの方々にもおすすめです。

SMB-02の解像度も本当に素晴らしく、
特にローエンドの解像度は目を見張るものがあります。
ラージモニターを使えないような環境において
(自宅や小規模のスタジオで作業される場合等)
低域の作り込みや空間処理等に非常に有効だと思います。
私の場合、MIXはもちろんですが
録音時にPLAYERに使わせています。
CUE BOXのサウンドも補えますし、
解像度が高く、低域もたっぷり出る為、
モニターボリュームもそれほど上げなくても
良いみたいなので、
長時間の使用でも疲れにくいのではと
考えています。